イオンは3年で1兆円 小売り、デジタル投資急ぐ

2019/1/6 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の小売り各社がデジタル分野の投資を拡大する。イオンはインターネット通販の強化や物流の自動化に向け、2022年2月期から3年間で最大1兆円を投じることを検討。ローソンなどコンビニエンスストア大手は省人化店舗の実用化を急ぐ。米アマゾン・ドット・コムなどネット勢への「抵抗力」がなければ生き残れない時代。欧米勢に比べ鈍かった日本の小売業界のデジタル戦略が動き出す。

「デジタル投資は次の3年間で1兆円…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]