大企業のスタートアップ投資、最高の1300億円

2019/1/6 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大企業がスタートアップ企業への投資を一段と増やしている。2018年に日本企業が自社のファンドなどを通じ投資した金額は1300億円超と、17年から9割以上増えたもよう。年2兆円規模の米国に比べ規模は小さいものの、事業環境が激しく変化するなか、自前主義にこだわらず外部の技術やアイデアを取り込み成長を模索する。

M&A(合併・買収)助言会社のレコフが日本企業のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]