人工流れ星も搭載 JAXA、民間に宇宙実験の機会
イプシロン4号機、17日打ち上げへ

2019/1/5 18:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日、小型の固体燃料ロケット「イプシロン」4号機を打ち上げる。7基の衛星を載せ、民間企業や大学など10機関が実証試験に挑む。打ち上げ費用が安い小型ロケットで宇宙実験する機会を民間へ相乗りで提供するのは初めて。政府が力を入れる宇宙産業の育成につなげる。

イプシロンは鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げる。これまでの1~3号機ではJAXAやNECの小型観測衛…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]