2019年5月25日(土)

ソマリアが国連代表追放 事務総長「極めて遺憾」

2019/1/5 10:31
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】ソマリア政府は4日までに、内政への干渉を理由に国連のヘイソム事務総長特別代表を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」として国外追放すると発表した。グテレス事務総長は4日の声明で「極めて遺憾だ」と表明した。

ヘイソム氏は、昨年12月のソマリア地方選の直前、かつてイスラム過激派アルシャバーブの幹部だった候補者をソマリア当局が逮捕したことを批判。ソマリア政府は反発し、ロイター通信によると、1月1日に追放を発表した。

ハク事務総長副報道官は「事務総長はヘイソム氏を全面的に信頼している」とする一方、ソマリア国民への支援継続のため、事務総長が近く新たな特別代表を任命すると述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報