/

「安倍首相の挑発に反撃」レーダー照射で韓国紙、安保に懸念も

【ソウル=共同】5日付の韓国各紙は、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題を巡り、照射を否定する動画を韓国政府が4日公開したことを「安倍(晋三首相)の挑発に韓国軍も動画で反撃」などと報じた。安全保障上の協力が揺らぐとの懸念も伝えた。

朝鮮日報は1ページを割いて「安保協力国同士で大げんか」などの見出しで詳報した。記事は「軍事当局間の対立を水面下で調整しなければならない両国の最高指導部が、正面対応(対決姿勢)に打って出て戦線が拡大した」と分析。

「今回の事案を国内政治に利用しようとする安倍首相も問題だが、韓国側が対抗作戦に出ていることも憂慮される」との見方が出ていると報じた。日韓関係が悪化の一途をたどれば日米韓の安保協力が揺らぎ、北朝鮮の非核化が難航しかねないとの懸念も伝えた。

革新系紙のハンギョレは、日本の哨戒機の写真と、4日に伊勢神宮(三重県伊勢市)を参拝する安倍首相の写真を並べて掲載。韓国側の動画公開には、日本側の対応次第では今後レーダー照射問題での対応強化もあり得るとの「警告」も込められているもようだとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン