健在だった「FRBプット」
NQNニューヨーク 森田理恵

2019/1/5 6:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

4日の米ダウ工業株30種平均は急反発し、前日比の上げ幅は一時830ドルを超えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が景気の行方次第で金融政策を柔軟に見直す考えを表明。米アップルの業績下方修正で株式相場が急落した3日の「アップルショック」をいったん帳消しにした。

「バランスシートの圧縮など金融政策の正常化は、必要とあれば大幅な見直しもためらわない」。4日、歴代議長と討論会に参加したパウエル氏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]