/

この記事は会員限定です

未来の生活、万博通し描く 若者や外国人ら新発想

「万博革命」関西を変える

[有料会員限定]

2025年5月――。国際博覧会(万博)が開幕した大阪市の人工島、夢洲(ゆめしま)で、海外から訪れた人々がスタッフに渡されたメガネをかけ、仮想現実(VR)の世界を楽しんでいた。

「おすすめのお好み焼きはこれです」。日本食レストランではバーチャル店員が母国語でもてなし、見本を映像で紹介。子供が迷子になっても慌てない。メガネに表示される矢印に沿って進めば難なく見つかる。

VR体験会100回

こんな研究を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1021文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン