/

この記事は会員限定です

鎌倉の古民家ホテル、7日に開業 小田原のくらつぐ

[有料会員限定]

古民家再生を手掛けるくらつぐ(神奈川県小田原市)は7日、同県鎌倉市の古民家をリノベーションした高級ホテル「鎌倉古今」を開く。住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づき年180日限定で運営し、宿泊客のいない日はレストランのみ営業する。2020年までに鎌倉市内で3ホテルに拡大する計画だ。

ホテルは1855年に建てた古民家をくらつぐが借り、外壁などを残して内部を改装した。宿泊は1日2組限定で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン