仙台市の初売り、消費増税意識? 高額品に行列

2019/1/4 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仙台市で2日始まった初売りは、10月に消費税率の引き上げが予定されていることもあり、百貨店では高額品を買い求める客が増えた。各店は営業時間を延ばしたり、セールと同時開催したりするなど工夫を凝らして来客数の増加を図った。

仙台三越は2日、7年ぶりにクリアランスセールと併せて初売りを開催した。営業時間も昨年より1時間延ばし、ゆったり買い物できる環境を用意。3万個の福袋のほとんどを売り切った。

好調だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]