データ人材育成大学院 社会人合格者が8割 滋賀大

2019/1/5 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

4月に開設される滋賀大学大学院データサイエンス(DS)研究科で、合格者24人のうち社会人が19人と約8割にのぼった。データサイエンスを専門とする大学院は日本初。ビッグデータを収集・分析し、新たな価値を創造するデータサイエンティスト育成に対する産業界のニーズを裏付けた格好だ。

派遣社会人入試の合格者は帝国データバンクやあいおいニッセイ同和損害保険、環境分析の日吉(滋賀県近江八幡市)などの19人。業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]