スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

北島康介さんが出会った「ブロッコリー先生」
経営者として五輪に挑む(2)

2019/1/7 6:30
保存
共有
印刷
その他
1982年9月、東京都荒川区に生まれた。実家は創業73年の精肉店。最近なかなか聞けない、きっぷのいい江戸弁が自然と出てくる江戸っ子だ。

「下町育ち」「江戸っ子」とよく言われるけれど、ずっとそこにいる僕には分からない。少なくとも都会に住んでいる感覚はなかった。

日暮里は繊維街であり、当時は駄菓子問屋横丁もあった。駄菓子街は昭和30年代で時が止まったような、いかにも「昭和」という風情。その横丁のど真ん中で暮らし、遊んでいた。繊維街は活気を取り戻していますが、横丁は高層マンションになってしまいました。

東京・日暮里の駄菓子屋街の真ん中で育った=IMPRINT提供

東京・日暮里の駄菓子屋街の真ん中で育った=IMPRINT提供

母は教育熱心で、小中学校は文京区へ越境入学しました。日暮里駅を超え、坂を上り、千駄木まで歩くのは、小学生にはなかなか大変でした。この辺りの区分けは複雑で、荒川、文京、豊島、北の各区が入り組む。僕は高校は豊島区へ、大人になってからの練習拠点は北区。競技のために早くに地元を離れる選手が多いけれど、僕はずっと同じエリア。おかげで幼なじみとの交流はずっと続いています。

5歳から東京スイミングセンター(SC)に通い、平井伯昌コーチ(現東洋大、日本代表監督)と出会う。

4歳の時、幼稚園の友達の親が、東京SCの短期教室に連れていってくれた。すぐ「面白い。習いたい」とせがんだそうです。5歳で入るとトントン拍子で進級し、選手コースに入って全国大会に出るようになった。試合に出る喜び、メダルをとる喜び、全国の人と戦う楽しさ……。ステップを踏んで味わえたのは恵まれていたと思う。水泳漬けの日々になり、入っていた野球チームは辞めました。

五輪を意識するようになった小学4年の頃、バルセロナ五輪があった。記憶にある初めての五輪です。僕は同じ種目、平泳ぎの林享さんにくぎ付けでした。五輪100メートル予選2位になり、「すげえ、メダルだ」と決勝はテレビにかじりついていた(結果4位)。この記憶は強烈で、現役時代「子供に『こうなりたい』と憧れられる選手になりたい」と思った原点です。

東京SCは付近では厳しい練習で有名でしたが、やめたいと思ったことはない。むしろ当時通っていた学習塾をやめたかったんですが、それは母が許してくれなかった。そんな母も水泳は楽しんでいた。タイム競技だから、子供の成長が分かりやすいからでしょう。どんな小さな大会でも僕の泳ぎをビデオで撮ってくれた。この映像は後に、平井先生が僕を直接指導する時、小さい頃の泳ぎを知る参考にしてくれたそうです。

平井先生は当時、まだ東京SCの一コーチ。子供クラスをたまに教えにやってきた。パーマをかけていてブロッコリーみたいな髪形だったから、「ブロッコリー先生」って僕は呼んでいた。口数は多くないくせにこんなことを言い出すガキはいないので、先生の目に止まったのかもしれない。後で聞いたら、先生もよく覚えていました。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
コンゴ戦でシュートを決める田辺。日本はサイドシュートの決定力が命運を握る=共同共同

 ハンドボール女子の世界選手権第5日は4日、熊本県各地で1次リーグが行われ、試合のなかったD組の日本は5日のロシア戦に向けて休養に充てた。2勝1敗でD組3位につける日本は、残り2戦で1つ勝てば1次リー …続き (12/4)

スウェーデン戦の前半、角南果がシュートを放つ(3日)=共同共同

 勝てば1次リーグ突破が決まる状況で迎えた強豪スウェーデン戦。日本の出だしは、番狂わせの予感漂うものだった。
【関連記事】日本、完敗で初黒星 ハンド女子世界選手権

 「日本は守備で相手にストレスをかけられ …続き (12/3)

女子個人で優勝し、日の丸を手に笑顔の森=共同共同

 五輪切符を争う土井畑の得点は見ていなかったが、演技を終えた直後の森の表情は曇っていた。「ちょっと逃しちゃったかな」。気持ちが一度沈んだ分だけ、スコアが出た瞬間は跳び上がり、駆け回って喜びを爆発させた …続き (12/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]