2019年1月16日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,835億円
  • 東証2部 73,151億円
  • ジャスダック 86,214億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率12.97倍13.07倍
株式益回り7.70%7.64%
配当利回り1.96% 2.04%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,442.75 -112.54
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,430 -80

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

崔真淑のサイ視点[映像あり]

1月16日(水)14:14

ユンケル欧州委員長 「無秩序離脱のリスク高まった」[映像あり]

アストンマーティンCEO 「合意なき離脱は災害」

1月16日(水)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

金融正常化の試練再び 痛み乗り越える19年
証券部 山下晃

2019/1/4 18:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の株式市場が年初から試練に直面している。市場を揺さぶるのは、「世界景気のピークアウト感」と「金融政策の正常化」という2つの逆風だ。同様な構図で世界的に株価が下げた3年前は、金融引き締めの先送りと国際協調で乗り切った。市場には「今回も」との期待が残るが、2019年は現実を直視する年になりそうだ。

「グッドニュースは厳しかった18年が終わったこと。バッドニュースは厳しい19年が始まったことだ」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

相場と投資を読み解く

ニューヨーク市場の動き

4日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

決算ダッシュボード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム