/

この記事は会員限定です

数学の発展、間違いきっかけに 世紀またぐ挑戦続く

[有料会員限定]

科学技術史に残る偉大な発見や発明は、間違いや失敗をきっかけに生まれた例がたくさんある。特に数学では、1つの難問に多くの数学者が世代を超えて挑み、間違いを乗り越えて大きく発展させてきた。すぐに応用できる成果ばかりを求めて失敗を許さない風潮が強まると、研究に予算を投じても驚くような成果が生まれなくなるかもしれない。

大阪市立大学の安本真士特任准教授は「一見簡単そうなのに証明が難しい問題は、数学者をとり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン