仕事始め、企業トップが平成最後の年頭所感
楽天社長「携帯参入、挑戦の年」 三越伊勢丹社長「デジタル化で一層の変化」

2019/1/4 12:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仕事始めとなる4日までに、多くの企業トップが年頭所感を表明した。平成最後となる年明けにあたり、世界景気に対する警戒感が強まる一方、人工知能(AI)などデジタル技術の普及をバネに一段のイノベーション推進を目指すとの声が目立った。働き方改革の徹底を掲げる経営者のほか、2018年に起こした不祥事の反省から再起を誓う声も上がった。

18年は米中間の貿易戦争が深刻化し、設備投資や個人消費など実体経済へも波…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]