スペシャル

フォローする

ラグビーW杯、アジア初開催 9月キックオフ

2019/1/5 6:30
保存
共有
印刷
その他

ラグビーW杯は4年に1度、20チームが参加して世界一を決める大会。総観客数などから夏季五輪、サッカーW杯に次ぐ「世界で3番目のスポーツ大会」と呼ばれる。

アジアで初開催となる2019年日本大会は9月20日~11月2日に行われる。20チームを5チームずつ4組に分けて1次リーグを実施。上位各2チームで決勝トーナメントを行う。日本は優勝候補アイルランド、8強の常連スコットランド、サモア、ロシアと同組。

会場となる都市は札幌市、岩手県釜石市、埼玉県熊谷市、東京都調布市、横浜市、静岡県袋井市、愛知県豊田市、大阪府東大阪市、神戸市、福岡市、大分市、熊本市の12カ所。全国52の公認キャンプ地で各チームが合宿する。予想観客数は海外の約40万人を含む180万人。1月19日に一般向けの先着順チケットが発売。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
サンウルブズで最多の43試合に出場した浅原は8日のセレモニーで表彰された
=(C)JSRA photo by H.Nagaoka(C)JSRA photo by H.Nagaoka


 ラグビーの「夏合宿の聖地」、菅平高原(長野県)が新型コロナウイルスによるピンチを乗り切るためにクラウドファンディングを始めた。12日には、資金集めの“切り札”が発表された。元日本代表の浅原拓真(日野 …続き (8/12)

昨年のラグビーW杯では3つのファンの力が合わさって満員のスタジアムが生まれた


 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)の「大会成果分析レポート」を、大手会計事務所のアーンスト・アンド・ヤング(EY)がまとめた。スタジアムが満員になった理由や「にわかファン」の特徴など、国内で …続き (8/3)

NTTコムにとって経験豊富なレイドローの加入は大きな意味を持つ(同社提供)NTTコミュニケーションズ提供


 ラグビー元スコットランド代表主将でNTTコミュニケーションズに加入したSHグレイグ・レイドローがオンラインで日本経済新聞の取材に応じた。「自分がベストのプレーを続けるために必要なチャレンジだった」と …続き (7/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]