/

武田、新型がん免疫薬「CAR-T」の治験開始へ

武田薬品工業は4日、新型のがん免疫療法として知られるCAR-Tの臨床試験(治験)を今年中にも開始すると発表した。国内スタートアップ企業から全世界での開発権を獲得した。武田がCAR-Tの治験を行うのは初めて。がん分野のパイプラインを強化し、世界大手との競合に挑む。

治験を開始するのは、山口大学発スタートアップ企業のノイルイミューン・バイオテック(東京・中央、石崎秀信社長)が保有する候補品で、固形がんを対象としている。武田は2017年9月から同社と共同研究を進めており、今回の契約につながった。

CAR-Tは「キメラ抗原受容体T細胞」の略で、免疫を担うT細胞の遺伝子を操作して、がんを見つける能力を高めたもの。スイス製薬大手ノバルティスの「キムリア」が世界初の製品として17年に米国で実用化し、1回5000万円以上の薬価が話題となった。日本では承認申請中だ。

CAR-Tを開発する企業は世界的に増えており、製薬大手が開発を手がける。日本でも第一三共小野薬品工業タカラバイオなどが参入して治験やスタートアップとの提携を進めている。

CAR-Tは一般に血液がんには高い効果を発揮するが、肺がんや乳がんなどの固形がんでは効果不十分だった。ノイル社のCAR-Tは、免疫を活性化する成分を出すよう改良を加えてあり、固形がんへの攻撃力を高めている。

同様の改良を加えたCAR-Tが世界では複数登場しており、開発競争が激化しつつある。武田は早期に固形がんへの効果を実証し、この領域で主導的な立場を狙う考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン