2019年1月19日(土)

米中貿易協議、7~8日に次官級で 首脳会談後で初

トランプ政権
貿易摩擦
中国・台湾
北米
2019/1/4 11:20
保存
共有
印刷
その他

【北京=原田逸策】中国商務省は4日、1月7~8日に米中の貿易協議を次官級で実施すると発表した。米通商代表部(USTR)のゲリッシュ次席代表らが訪中する。2018年12月の米中首脳会談後、米中が貿易問題で直接協議するのは初めて。中国による知的財産侵害、技術移転の強制などを話しあう見通し。

4日午前に米中の次官級が電話し、日程を固めた。中国商務省は「アルゼンチンでの首脳会談での共通認識を実行すべく前向きで建設的な議論をする」とした。

米中首脳会談では米国が19年1月1日に2千億ドル分の中国製品にかける追加関税を10%から25%に上げることを見送る一方、知財保護や非関税障壁をテーマに90日間の協議を実施することで合意した。3月1日を期限とする協議がまとまらなければ、米国は追加関税を引き上げる構えだ。

米中はすでに閣僚級、次官級で電話協議を重ねており、進捗を確認するうえでも直接協議が必要と判断したようだ。米国のトランプ大統領は昨年12月末に中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と電話会談した後で「(米中の)交渉は非常にうまくいっている」とツィッターに書き込んだが、複数の米メディアは「大統領は進捗を誇張している」と報じた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報