2019年3月21日(木)

クアルコムが保証金支払い 独のアイフォーン販売停止

ネット・IT
ヨーロッパ
北米
2019/1/4 10:03
保存
共有
印刷
その他

【ベルリン=共同】米半導体大手クアルコムは3日、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」一部機種のドイツでの販売差し止めに必要な13億4千万ユーロ(約1640億円)の保証金を支払ったと明らかにした。ドイツの裁判所は昨年12月にクアルコムの申し立てを認め、同社が保証金を支払えば、販売は即時差し止められるとの判断を示した。

クアルコムはスマートフォンの省電力技術に関する特許をアップルに侵害されたと主張していた。差し止め対象は「X」や「8」などで、昨年発売の「XS」や「XR」は含まれていない。

クアルコムは「アップルは(販売差し止め対象全機種の)ドイツでの販売中止を命じられた」としている。

アップルは判決直後、控訴の意向を示すとともに、アイフォーンの一部機種について、ドイツにある15直営店での販売を一時停止すると表明していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報