2019年1月16日(水)

NY株、660ドル安 アップル株は一時10%下落

北米
2019/1/4 0:13 (2019/1/4 4:54更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】3日の米国株式市場ではダウ工業株30種平均が急落し、前日比660ドル02セント安の2万2686ドル22セントで取引を終えた。米アップルが中国需要の低迷を理由に売上高の見通しを引き下げ、同社の株価が朝方から急落した。スマートフォン向け部品を手がける半導体銘柄や、建機など中国関連株にも売りが波及し、相場全体を押し下げた。

アップル株は一時10%安となり、2017年4月以来の安値まで売り込まれた。アップルの時価総額は7400億ドル(約80兆円)と米上場企業の上位3社に入り、相場への影響力が大きい。この日は1銘柄でダウ平均を100ドル程度押し下げた。

アップルが主力製品「iPhone(アイフォーン)」の販売不振に言及したことで、関連銘柄にも売りが広がった。スマホ向け通信半導体を手がける米ブロードコムは一時、下落率が5%を超えた。中国景気減速への不安から建機大手の米キャタピラーも同5%安と売り優勢だった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報