/

この記事は会員限定です

「日米同盟、行動で示す」イラク自衛隊派遣(平成16年)

平成Politics30

[有料会員限定]

2004年2月の厳冬の北海道旭川市。小泉純一郎首相は旭川駐屯地で開いたイラク南部のサマワに派遣する陸上自衛隊の施設部隊と主力部隊への隊旗授与式で訓示した。

「日米同盟と国際協調を口だけではなく行動で示すのが自衛隊だ。強い使命感と自信を持ち、この重要な国家の仕事に進むことを望む」

防衛庁長官だった石破茂氏は振り返る。当初、首相訓示の原案は「自ら志願し、イラクに赴く。その心意気をよしとしたい」だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン