初売り、食品や福袋が好調 百貨店やスーパー

2019/1/2 23:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

百貨店やスーパーの初売りはおおむね活況で、売上高は好調だった前年並み以上となった企業が相次いだ。高島屋や三越は2018年に大型改装をした主力店を中心に来店が増えた。食品や福袋が好調だったが、価格や品質を慎重に検討する客も目立った。

昨年の初売りは高島屋の主要5店や松屋銀座店(東京・中央)、イトーヨーカ堂やイオンリテールの首都圏店舗などで前の年の実績を上回った。足元の数カ月は訪日外国人消費の好調が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]