/

台風1号発生、元日は初 統計上最も早く

1日午後3時ごろ、南シナ海で熱帯低気圧が勢力を強めて台風1号になった。気象庁によると、統計のある1951年以降、最も早く、元日は初めて。

台風1号は時速10キロで南西に進んだ。中心気圧は千ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

三が日の台風はこれまでに5個あり、最も早かったのは1979年で、1月2日午前9時に発生した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン