2019年7月21日(日)

その他スポーツ

箱根駅伝、東洋大が往路優勝 青山学院大は6位
東海大2位、国学院大3位

2019/1/2 13:30 (2019/1/2 13:51更新)
保存
共有
印刷
その他

2年連続7度目の往路優勝を果たし、ゴールする東洋大の田中龍誠(2日、神奈川県箱根町)=共同

2年連続7度目の往路優勝を果たし、ゴールする東洋大の田中龍誠(2日、神奈川県箱根町)=共同

第95回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107.5キロに関東の22校とオープン参加の関東学生連合を加えた23チームが参加して行われ、東洋大が2年連続7度目の往路優勝を果たした。

全日本大学駅伝2位の東海大が2位。国学院大が3位と健闘した。史上3校目の総合5連覇を狙う青学大は6位と遅れた。

3日の復路は5区間、109.6キロで争われる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

女子エペ団体の11、12位決定戦でドイツに勝利し喜ぶ佐藤。左は馬場(20日、ブダペスト)=共同

 【ブダペスト=共同】フェンシングの世界選手権第6日は20日、ブダペストで行われ、団体で日本の女子エペ(馬場、大石、吉村、佐藤)は11、12位決定戦でドイツに37―36で競り勝った。

 男子サーブル(吉 …続き (9:16)

男子フルーレ個人決勝トーナメント3回戦 ロシア選手(左)と対戦する三宅諒(20日、ブダペスト)=共同

 【ブダペスト=共同】フェンシングの世界選手権第6日は20日、ブダペストで行われ、男子フルーレ個人の決勝トーナメントで2012年ロンドン五輪団体銀メダルの三宅諒(フェンシングステージ)は3回戦でロシア …続き (0:25)

陸上ダイヤモンドリーグ第10戦の男子100メートル決勝で、日本歴代2位に並ぶ9秒98をマークして4位に入った小池(中央)。右は10秒13で7位の桐生(20日、ロンドン)=共同

 【ロンドン=共同】陸上のダイヤモンドリーグの男子100メートル決勝で、小池祐貴(住友電工)は日本歴代2位の9秒98で4位になり、日本人3人目の9秒台をマークした。前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命 …続き (0:10)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。