/

石破氏、憲法改正・北方領土交渉「首相は説明を」

自民党の石破茂元幹事長は1日、夏の参院選について「6年前のような追い風はない。非常に厳しいことは自明だ」と述べた。「手練手管ではなく、真摯で謙虚な姿勢が問われる」と強調した。鳥取市内で記者団の質問に答えた。

安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正やロシアとの平和条約締結交渉について「まだ国民的な議論に至っていない。主権者に説明しないまま、国民主権が実現するのか」と指摘。首相が丁寧に説明すべきだとの考えを示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン