2019年8月19日(月)

両陛下の和歌公表 被災地や沖縄に思い寄せ

2019/1/1 0:00
保存
共有
印刷
その他

天皇ご一家は1日、新年を迎えられた。宮内庁は天皇、皇后両陛下が2018年に詠まれた歌のうち、天皇陛下の5首と皇后さまの3首を公表した。両陛下は同年も北海道や沖縄の離島をはじめ全国各地に足を運び、人々と交流された。19年春に代替わりを控え、歌には行く先々での感想や印象が込められている。

新年を迎える天皇ご一家(皇居・御所)=宮内庁提供

〈第六十九回全国植樹祭〉

生ひ立ちて防災林に育てよとくろまつを植う福島の地に 天皇陛下

両陛下は18年6月、全国植樹祭出席のため福島県を訪問された。天皇陛下は東日本大震災で大きな被害を受けた南相馬市で海岸防災林を造るクロマツの苗木を植えた際の状況を詠まれた。

〈沖縄県訪問〉

あまたなる人ら集ひてちやうちんを共にふりあふ沖縄の夜 天皇陛下

〈与那国島〉

与那国の旅し恋ほしも果ての地に巨(おほ)きかじきも野馬(のうま)も見たる 皇后さま

両陛下は18年3月、沖縄県を訪問。陛下は初日の夜、地元の人々が提灯(ちょうちん)を振って歓迎を示した「提灯奉迎」の思い出を、皇后さまは日本最西端の与那国島を訪れた際の情景をそれぞれ歌にされた。

〈移居といふことを〉

去れる後(のち)もいかに思はむこの苑(その)に光満ち君の若くませし日 皇后さま

19年4月末の陛下の退位後、両陛下は1993年から住む皇居・御所から仮住まいの高輪皇族邸(東京・港)に転居される。皇后さまは御所に移って間もない頃、まだ若かった陛下の姿を思い起こし、歌に表現された。

その他の歌は次の通り。

【天皇陛下】

〈第七十三回国民体育大会開会式〉

あらし迫る開会前(まへ)の競技場福井の人ら広がりをどる

〈第三十八回全国豊かな海づくり大会〉

土佐の海にいしだひを放つこの魚(うを)を飼ひし幼き遠き日しのぶ

〈西日本豪雨〉

濁流の流るる様を写し出だすテレビを見つつ失せしをいたむ

【皇后さま】

〈晩夏〉

赤つめくさの名ごり花(ばな)咲くみ濠べを儀装馬車一台役終(やくを)へてゆく

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。