/

この記事は会員限定です

北方領土が近づいた日 川奈会談(平成10年)

平成Politics30

[有料会員限定]

「戦後外交の総決算」を掲げる安倍晋三首相が、北朝鮮との国交正常化と並んで柱に据えるのが日ロ平和条約の締結だ。

1945年に第2次世界大戦が終結。日本と旧ソ連は56年の日ソ共同宣言で外交関係を回復した後も択捉、国後、歯舞、色丹の4島の帰属問題は決着せず、平成に入るまで微動だにしなかった。

大きく動いたのが98年の橋本龍太郎首相とエリツィン大統領による川奈会談だ。4月19日、静岡県伊東市の川奈ホテルの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン