2019年4月26日(金)

正月、太平洋側は晴れ 日本海側は悪天候続く

2018/12/31 15:48
保存
共有
印刷
その他

正月三が日となる1~3日の日本列島は冬型の気圧配置の影響で、日本海側は曇りや雪、雨など悪天候が続く見通しだ。対照的に太平洋側は晴れの年明けとなりそう。気温は全国的に平年並みの所が多くなる見込みだが、朝方などは厳しい寒さとなるため外出の際は十分な防寒が必要だ。

気象庁によると、西高東低の気圧配置のため札幌、青森、新潟、金沢、松江など北日本から西日本にかけての日本海側は3日間とも天候が崩れるとみられる。仙台、東京、名古屋、大阪、高知、鹿児島といった太平洋側は晴れが続きそうだ。

沖縄・奄美は、寒気や湿った空気の影響で曇りの日が続く見通し。

気温は最高・最低ともに全国的に平年並みの正月となりそう。最低気温は北海道で氷点下10度近くまで下がる地域があるほか、東北や関東でも各地で0度以下と予想されている。中四国でも一部で0度近くまで冷え込む見通しとなっている。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報