「19年の関西経済、後半に持ち直し」関西同友会・黒田代表幹事

2019/1/3 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西経済同友会の黒田章裕代表幹事(コクヨ会長)は日本経済新聞社のインタビューで、2019年の関西経済について「前半は厳しそうだが、後半は持ち直す」との見方を示した。関西でも試合が行われるラグビーワールドカップ(W杯)に関しては、インバウンド(訪日外国人)をより活性化する「学びのチャンスだ」と期待を込めた。主なやり取りは以下の通り。

――19年の関西経済をどう展望しますか。

「前半は厳しそうだが、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]