スペシャル

フォローする

ラグビーW杯8強へ 新たな「日本式」模索

(1/3ページ)
2019/1/1 6:30
保存
共有
印刷
その他
 ワールドカップ(W杯)で8強を目指すラグビー日本代表は、史上初の3勝を挙げた前回大会と対照的なチームづくりを進めている。指揮官の指示に任せるのではなく、選手が自ら考え、動かす集団へ。自由と規律という両極の間を行き来しつつ、目標への最短経路を探している。

1日4度の猛練習に、心を刺す叱責。前回W杯で日本を指導したエディー・ジョーンズ前ヘッドコーチ(HC)を、リーチ・マイケル主将(東芝)が冗談交じりに評する。「本当に厳しい監督で、半分イジメだった」。現在のジェイミー・ジョセフHCは正反対。戦術の細部やグラウンド外の行動は選手に委ねる。

試合前日の練習風景も様変わり。左右に目を光らせ、雷を落としたのが前任者。ジョセフ氏はグラウンドの隅でパソコンのキーをたたいている日もある。「今は細かいことを決め、問題を解決するのは選手」とリーチ。

W杯8強に向け日本代表は自ら考え、動かす集団に変わりつつある

W杯8強に向け日本代表は自ら考え、動かす集団に変わりつつある

百八十度に近い方針転換は、丸いボールの代表の歴史と重ねることができる。2002年のサッカーW杯で日本を率いたフィリップ・トルシエ監督は規律で選手を縛ったが、後任のジーコ氏は自主性を重視。ただ、チームはまとまりを欠き、W杯で散った。「自己主張が苦手な日本人には厳しい指導者が合う」の声は今もスポーツ界に残る。

サッカーと比べれば振れ幅は小さいが、ラグビーの代表も変化に戸惑った。前回W杯からの主力、フッカー堀江翔太(パナソニック)は言う。「初めはやりにくい感じがしたし、(チーム内の)コミュニケーションが難しいところもあった」

選手が主導、一体感を醸成

幸運だったのは「選手主導」の絶好の実験場が存在したこと。16年、南半球最高峰リーグのスーパーラグビーに日本のサンウルブズが参加。代表組のほぼ全員が一緒に戦う。ハイレベルな舞台で試行錯誤を繰り返す中、選手による戦術の微修正や、一体感を醸成する手法は洗練されてきた。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
昨年のラグビーW杯日本大会のチケット平均単価は2万円を超えた=共同共同

 ラグビー日本代表は100億円のビジネスになる――。こう分析するのはバスケットボールBリーグの前チェアマンで、サッカーJリーグの元常務理事でもある大河正明氏である。7月にびわこ成蹊スポーツ大副学長と大 …続き (10/21)

日本代表のヘル・ウベと一緒にイベントに登場した日本ラグビー協会のマスコット「レンジー」=(C)JRFU(C)JRFU

 2019年のワールドカップ(W杯)の盛り上がりから一転、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響でラグビー日本代表の試合がなくなった。W杯から1年となる今、当時の熱気をつなげようと代表のスポンサーが …続き (10/9)

サンウルブズで最多の43試合に出場した浅原は8日のセレモニーで表彰された
=(C)JSRA photo by H.Nagaoka(C)JSRA photo by H.Nagaoka


 ラグビーの「夏合宿の聖地」、菅平高原(長野県)が新型コロナウイルスによるピンチを乗り切るためにクラウドファンディングを始めた。12日には、資金集めの“切り札”が発表された。元日本代表の浅原拓真(日野 …続き (8/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]