2019年3月26日(火)

15歳がつくる「学校」 考える葦が未来の原点
新幸福論 Tech2050

新幸福論Tech2050
2019/1/8 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インド生まれのタンメイ・バクシ君(15)。5歳でプログラミングを覚え、9歳でスマートフォン(スマホ)用アプリを開発。11歳のときに世界最年少で米IBMの人工知能(AI)ワトソンの開発に加わった。

この天才少年は学校に通わない。カナダの自宅を訪れると、地下に作った「研究室」で一人、黙々とプログラミングに取り組んでいた。学校の教育は「同じカリキュラムで生徒をひとくくりにしていると思う」。これでは才能…

カリキュラムや試験はなく、自分の興味のあることに打ち込む(米マサチューセッツ州のメイコンバー・センター)

教えない学校 知識より「何をするか」[有料会員限定]

2019/1/8 0:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報