知財ルール、米離脱で一部凍結 日本はまず特許申請ルール整備

2018/12/30 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

TPP11の協定では米国の離脱の影響で、一部項目が凍結された。多くは著作権や特許など知的財産関連のルールだ。著作権の保護期間(作者死後70年)やバイオ医薬品のデータ保護期間(原則8年)などのルール整備は見送った。一方で、日本は独自に著作権の保護期間をこれまでより20年長い70年に延長。特許申請ルールを整備するなど、凍結分野の一部を自主的に実施する方針だ。

凍結した項目には米国が加盟国に導入を強く…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]