人民元、貿易戦争で下げ圧力 18年 節目の7元に接近

2018/12/29 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【香港=木原雄士】中国の通貨人民元の対米ドル相場は28日に1ドル=6.8658元で取引を終え、2017年末と比べて5.2%下落した。一定の範囲内で変動を認める「管理変動相場制」に移行した05年以降では、16年に次ぐ大きな下落率となった。米中貿易戦争で中国経済が減速するとの見方から元売りが優勢だった。市場では19年も元売り圧力が続くとの見方が多い。

元相場は10月末に6.97元台まで下落し、一時1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]