「納得の手、個性を追求」 井山裕太・囲碁五冠
新幸福論 Tech2050

2019/1/7 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

急激に発展する人工知能(AI)。2045年にはAIが人間の知性を超える「シンギュラリティー」に到達するとの見方もある。進化を続けるAIと私たちはどのように向き合えばよいのか。AIが既に人間の先を行く囲碁で五冠を持つ井山裕太王座に聞いた。

――囲碁でのAIの進化をどう感じていますか。

「2016年にAIソフト『アルファ碁』が、韓国のトップ棋士イ・セドル九段を破ったときは衝撃だった。チェスや将棋でA…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]