/

この記事は会員限定です

流通・インフラ 変革の年 中国地方の回顧と展望

[有料会員限定]

夏の西日本豪雨から秋の広島東洋カープのリーグ3連覇まで、苦難と歓喜に満ちた中国地方のこの1年。少子高齢化を背景に、小売業界では合従連衡が進み、再編の波が押し寄せている。バス路線の新規参入を契機に、地域交通のあり方も問われた。暮らしを取り巻く産業インフラや生活産業はどう変わるのか。2018年を振り返り、新時代の中国5県の行方を展望する。

少子高齢化への対応を迫られる中で、中国地方の暮らしを支える産業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン