2019年5月24日(金)

「AI時代こそ哲学を」 小川仁志・山口大学准教授
新幸福論 Tech2050

新幸福論Tech2050
2019/1/7 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)が人に代わって労働を担う時代が到来すれば、人の生き方は大きく変わる。山口大の小川仁志准教授(公共哲学)は老若男女を集めて、人生にまつわる問題や価値観を語り合う「哲学カフェ」を500回以上開催してきた。「人が生きる意味を根源的に問わざるを得ない時代がやってきており、哲学の重要性が大きくなる」と訴える。

――なぜ市民を対象にした哲学カフェを開いているのでしょうか。

「台湾の民主化運動…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報