第四北越FGが船出 商業施設は撤退相次ぐ
回顧と展望(下)

2018/12/29 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年の新潟県経済は人口減やコスト増などの課題対応に迫られた一年だった。10月には地域経済の停滞や日銀のマイナス金利政策を背景に、長年のライバルだった第四銀行と北越銀行が経営統合。市場の縮小や消費者の生活スタイルの変化を受け、商業施設の撤退も相次いだ。19年はこうした課題解決に向けて、企業は一段と変革を求められそうだ。

「一丸となり圧倒的に支持される金融グループを目指す」。10月1日の記者会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]