/

この記事は会員限定です

第四北越FGが船出 商業施設は撤退相次ぐ

回顧と展望(下)

[有料会員限定]

2018年の新潟県経済は人口減やコスト増などの課題対応に迫られた一年だった。10月には地域経済の停滞や日銀のマイナス金利政策を背景に、長年のライバルだった第四銀行と北越銀行が経営統合。市場の縮小や消費者の生活スタイルの変化を受け、商業施設の撤退も相次いだ。19年はこうした課題解決に向けて、企業は一段と変革を求められそうだ。

「一丸となり圧倒的に支持される金融グループを目指す」。10月1日の記者会見で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1791文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン