/

この記事は会員限定です

新時代へ変化の芽 四国のにぎわい、訪日客が招く

4支局長座談会(1) 観光

[有料会員限定]
 西日本豪雨など自然の猛威に翻弄された2018年が終わる。少子高齢化への対策を迫られる一方で、観光面でインバウンド(訪日客)誘致に成果が生まれ、将来を見越した投資など企業活動にも活気が見られた。平成に続く新時代に向けた四国の変化の芽を、4県の支局長が話し合った。1回目は観光について

――四国で産業では一番動きがあるのは観光だけど、今年はどんな変化があっただろうか。

高知 室戸市で「むろと廃校水族館...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン