「科学の発見、AIが支える」 北野宏明・ソニーCSL社長
新幸福論 Tech2050

新幸福論Tech2050
2019/1/7 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)は人類に何をもたらすのか。社会の効率が高まるという期待の半面、「人知を超える機械」への懸念も消えない。AI研究の第一人者であるソニーコンピューターサイエンス研究所(ソニーCSL)の北野宏明社長はAIが自然科学の発見を劇的に加速すると強調する一方で「AIはあくまで道具だ。擬人化してはならない」と訴える。

――未来のAIが人類にもたらすものは何でしょうか。

「インパクトが大きいと思う…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]