/

この記事は会員限定です

「科学の発見、AIが支える」 北野宏明・ソニーCSL社長

新幸福論 Tech2050

[有料会員限定]

人工知能(AI)は人類に何をもたらすのか。社会の効率が高まるという期待の半面、「人知を超える機械」への懸念も消えない。AI研究の第一人者であるソニーコンピューターサイエンス研究所(ソニーCSL)の北野宏明社長はAIが自然科学の発見を劇的に加速すると強調する一方で「AIはあくまで道具だ。擬人化してはならない」と訴える。

――未来のAIが人類にもたらすものは何でしょうか。

「インパクトが大きいと思うの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン