/

見積書作成 出先でも 建設ドットウェブ、システム販売

建設業向けソフトを手掛ける建設ドットウェブ(金沢市)はクラウドサービスを使った原価管理システムの販売を始めた。高度なセキュリティーを維持し、建設現場や出張先などからパソコン上で遠隔操作により見積書などを作成・管理できる。顧客は自社サーバーを置かずに機能更新や保守作業を自動で行える。

商品名は「どっと原価NEOクラウド」。同社の主力商品である建設業向けの原価管理システムを、マイクロソフトのクラウド基盤「アジュール」に対応させた。クラウド経由で見積書や予算書、原価集計表などを作成する。価格は年間契約で26万4千円からとなる。

同社の原価管理システムは中小の建設会社を中心に全国の約3400社が導入している。人手不足が深刻な建設業界は従業員の働き方改革が課題になっている。建設現場や自宅など場所を選ばずに作業ができる環境を提供することで、利便性を高め販路を広げる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン