スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

男子100決勝進出の壁 山県亮太が挑む9秒8
HeatUp東京2020

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2019/1/5 6:30
保存
共有
印刷
その他
 陸上界にとって2019年は勝負のシーズンだ。東京五輪を占う重要な大会となるのが、2年に1度の開催で9月に開幕する世界選手権(ドーハ)。大舞台での決勝進出を目指す国内屈指のスプリンターはコンマ数秒を縮めるために鍛錬を重ね、世界のトップを走るマラソンランナーは人類がまだ見ぬ2時間切りの実現へ挑戦を続ける。

日本短距離陣を先頭に立って引っ張るのが、男子100メートルで日本歴代2位の10秒00を持つ山県…

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
東京五輪日本代表に決まり笑顔で撮影に応じる、男子58キロ級の鈴木セルヒオ(右)と同68キロ級の鈴木リカルド兄弟=共同共同

 東京五輪で20年ぶりのメダルを目指すテコンドー日本代表に異色の経歴の兄弟が名を連ねた。日本人の父とボリビア人の母を持つ58キロ級の兄・鈴木セルヒオ(25、東京書籍)と68キロ級の弟・リカルド(19、 …続き (2/14)

スケートボードの世界選手権、男子パーク準決勝で演技する平野=共同共同

 スノーボードで冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(木下グループ)が、夏冬両五輪出場に向けて歩みを進めている。東京五輪で新たに採用されたスケートボード男子パークの五輪ランキングでは、最新の2019年 …続き (2/13)

バドミントン男子シングルスの桃田賢斗共同

 遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷し、実戦復帰を目指しているバドミントン男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)が右眼の眼窩(がんか)底を骨折し、手術を受けていたことが8日、分かった。所 …続き (2/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]