/

この記事は会員限定です

日産課徴金取り消しで影響広がる? 専門家指摘

[有料会員限定]

三菱自動車の燃費不正問題に絡み、消費者庁は日産自動車の広告に対する景品表示法違反の課徴金納付命令を取り消した。「景表法について改めて考える機会になる」「消費者庁の処分は今後、慎重にせざるを得なくなるのでは」。同庁の課徴金納付命令の取り消しは初めてで、専門家は関係者に影響が広がる可能性を指摘している。

「法的評価が分かれる案件だった。一般消費者の保護の観点から、不当表示を抑止するという使命を果たすために命令を出した」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン