米中摩擦下、成長探る 19年のアジア注目企業
韓国サムスンやタイ・サイアム、中国製代替や関税回避

2018/12/28 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年に過熱した米中摩擦は19年も企業活動に大きな影響を与えそうだ。19年のアジアの注目企業を市場関係者に聞いたところ、両国の対立が追い風となる企業の名前が上がった。中国通信機器大手の製品を排除する動きは韓国サムスン電子に有利に働き、東南アジアを生産拠点とする企業には輸出拡大の機会が広がるという。人工知能(AI)やインフラなどの成長分野に挑む企業も注目されている。

米国は18年に中国からの輸…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]