世界で通用するリーダー育てよう 北城恪太郎氏
日本IBM名誉相談役

2019/1/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本ではグローバル企業のトップが育ちにくいとされる。企業の育成制度と学校教育の双方に課題があるのではないか。相手を理解して説得するための英語力、考える力、経験など本人の努力はもちろん必要だが、育てる仕組みに工夫を凝らしたい。

世界的なリーダーを育成するなら、幹部候補への重点的な投資が必要だ。日本企業は育った人間を結果として幹部に登用する傾向があるが、幹部になってから世界と向き合ったのでは立ち行か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]