2019年9月20日(金)

「宇宙、1400億年は安泰」 国際共同研究で探る運命

2018/12/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙は140億年近く前に誕生した。ではこの先、どうなるのだろうか。最新の研究によると、宇宙はこのまま永遠に続く可能性が高いが、物質を構成する原子までバラバラになって終わる道もありうるという。宇宙がバラバラになって終わるとしても1400億年以上先の話で、人類の生存が直ちに脅かされるようではないらしい。

宇宙の過去を詳しく調べると、未来を高い精度で予測できる。すばる望遠鏡を使い、宇宙の過去をこれまで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。