/

この記事は会員限定です

レーダー照射、韓国の主張揺らぐ 政府が映像公開

[有料会員限定]

韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡り、日本政府が映像を公開した。証拠を示して韓国側の説明の矛盾を国内外に訴える戦略だ。韓国の主張は揺らいだが、反発している。

「めちゃくちゃすごい音(電波)だ」。映像にはレーダーが当たった際の乗組員同士の緊迫したやりとりが残されている。韓国の説明の不自然さを示す内容も多い。

韓国側は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン