/

この記事は会員限定です

茅陽一(28)企業と

関電傘下 研究所顧問に 原子力、多彩な顔ぶれで議論

[有料会員限定]

私は基本的には大学と研究所で一生を過ごしてきたが、企業とのつきあいもそれなりにあった。

東京大学では工学部だったから企業からの委託研究も当然あり得る。ただ私の仕事は工学というより、エネルギー・環境問題の総合システム分析だったので、そのような委託研究はそう多くはなく、むしろ東大を定年で終えて民間人となり、行動の自由が増えてからの方が企業とのつきあいは多くなった。

そのつきあいには基本的には2つの形が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン