/

この記事は会員限定です

秘蔵の胎内仏、地域で守る

滋賀県の冷水寺で観音像の中に発見 資料館の館長に 下村正勝

[有料会員限定]

戦国時代に豊臣秀吉が築いた長浜城をはじめ、数多くの歴史の舞台や遺産が残る滋賀県長浜市。琵琶湖を望み山々に囲まれた同市高月町の宇根地区に、冷水寺というお寺の観音堂がある。1997年、この十一面観音像の中から大きな胎内仏が発見され、周辺住民を驚かせた。あまりの神々しい光景に、その場で皆一斉に手を合わせた。

それからおよそ20年。私はこの胎内仏を巡る波乱に満ちた物語に魅せられ、地元に建つ「冷水寺胎内仏資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1690文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン