WWW30歳、新たな闘い データ活用は個人のために
本社コメンテーター 村山恵一

2019/1/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネットの普及を促したワールド・ワイド・ウェブ(WWW)のしくみが編み出されて2019年で30年となる。しかし、生みの親である英科学者ティム・バーナーズ=リー氏の気分は祝賀ムードからはほど遠い。

ヘイトスピーチやプライバシー問題、政治的な操作、一部の大手企業への力の集中……。「ネット利用者の権利と自由が脅かされている。すべての人に奉仕するウェブのために闘おう」。19年を起点にして対策に乗り…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]