/

この記事は会員限定です

米運用大手、東洋ゴムの増資に反対

三菱商事との提携「効果みえず」

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米大手運用会社フランクリン・テンプルトン・インベストメンツが東洋ゴム工業による三菱商事への第三者割当増資に反対していることが27日、明らかになった。フランクリンを含む既存株主の持ち分が希薄化するにもかかわらず、資本・業務提携による相乗効果が見えにくいと主張する。東洋ゴム側は増資計画を見直す考えはないとしている。

グループ傘下の米運用子会社フランクリン・ミューチュアル・アドバイザーズが、東洋ゴ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り627文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン